新婦

ダイヤモンドの歴史と知識を身に付けて今後の人生に有効活用

サイトの利用

リング

結婚指輪を探す時に、どうしても夫婦間で話がまとまらなかった場合にはランキングを参考にする事をおすすめ致します。特に人気があるのはシンプルなデザインのものです。きちんと夫婦で話し合い、良い結婚指輪を探すようにしましょう。

Read More

指輪の購入

新郎新婦

今では結婚指輪を贈ることが一般化しています。どのような結婚指輪を贈れば相手が喜んでくれるかを考える参考として、ランキングサイトが利用できます、それを利用することによって、喜んでもらえる結婚指輪を購入できるのでしょう。

Read More

歴史について

宝石

左手の薬指にダイヤモンド指輪をつけている人がいた場合には、結婚しているという証拠になります。その認識はいつから始まったのでしょうか。その結婚指輪のきっかけとなったのは、約2000年前の古代ローマまで遡ります。ローマ帝国ニコラウス1世が結婚のときに、最初に指輪をはめたことをきっかけであるとされてます。そして、ニコラウス1世から貴族を中心に結婚すると指輪を付けるという文化が段々とローマを中心に広まり、今では世界共通の文化となっているのです。ローマでは約2000年前から結婚指輪の文化がありましたが、その文化が日本に根付いたのは高度経済成長期頃からといわれていて、まだ歴史的には50年くらいになります。それから、婚約指輪や結婚指輪の値段の基準が給料の3ヶ月分であるといわれているのは、ある企業がキャッチコピーとして掲げたもので、実際にはそのような決まりはありません。

そもそもダイヤモンド指輪や結婚指輪はなぜ左手の薬指にすることが当たり前になってきたのでしょうか。古代のギリシャでは、左手の薬指と心臓は繋がっていると考えられていました。これをきかっけにして、薬指に指輪をはめると男女の心と心が繋がると考えられたとする説が有力な説の一つです。その他には、薬指にはキズや病気を治すパワーがあると信じられてきた説や、指輪をはめる場所によって、その効果が違うという説があります。左手は信頼、薬指は愛情を意味すると考えられていました。このようにいくつかのきっかけがあり、今の結婚指輪や婚約指輪のスタイルが確立されてきたのです。

気になる価格

指輪

結婚指輪の平均価格については20万円から30万円程度のものが多いです。結婚指輪のランキングについては、ブランドごとや価格などさまざまなものがあり、インターネットサイトや結婚情報誌で情報提供しています。

Read More